メインページ >  お知らせ > イベント「東日本大震災に関する書類・写真の整理・保存講習会 ~被災支援活動の経験・ノウハウを活かすために~」のお知らせ【2014年8月20日(水)終了しました】

イベント「東日本大震災に関する書類・写真の整理・保存講習会 ~被災支援活動の経験・ノウハウを活かすために~」のお知らせ【2014年8月20日(水)終了しました】

2014/07/01

東日本大震災にあたっては、ボランティア団体、NPO団体等による支援が大きな役割を果たしています。
各団体がこうした経験を今後に活かしていくためには、活動の過程で生じる書類や写真等の整理・保存が重要です。
そうした整理を進めることで、共有すべき経験やノウハウを取りだすことが容易になります。

 

国立国会図書館では、東日本大震災に関するアーカイブ活動支援の一環として、書類や写真等の整理・保存についての講習会を開催します。平成25 年12月の東京での講習会に引き続き、平成26 年は岩手県で開催します。
被災地等における支援活動を行う行政機関・大学・ボランティア団体等、多くの方のご参加をお待ちしています。

 

※講習会の資料の一部は、国立国会図書館東日本大震災アーカイブで公開しました。

 

題  目:
東日本大震災に関する書類・写真の整理・保存講習会
       ~被災支援活動の経験・ノウハウを活かすために~
       プログラム チラシ ポスター アンケート用紙
講  師:
田中 洋史氏(長岡市立中央図書館文書資料室主査)

昭和47年、長岡市出身。新潟大学大学院修了後、長岡市立中央図書館文書資料室嘱託員などを経て、平成21年4月、歴史的文書(郷土史)専門職員として長岡市採用。平成26 年4月より現職。
 新潟県中越大震災を機に「歴史的資料の救済」と「震災関連資料の収集」を二本柱にした災害対応に従事。
 東日本大震災にあたり、長岡市内に開設された避難所の掲示物や日誌などを収集・保存し、その整理を市民ボランティアと協働で取り組む。
 中越大震災から10 年目の今年、長岡市が「復興10 年フェニックスプロジェクト」として開催する「災害と復興をかたりつぐ」事業の企画・運営を担当。災害対応の経験を活かして、講演・執筆を行っている。新潟大学・長岡造形大学非常勤講師。

プログラム:                      開会挨拶・趣旨説明
                                      動画
      午後1時30分~2時30分 講演「新潟県長岡市における避難所資料の整理と保存
                                               ~市民ボランティアと災害・復興をかたりつぐ~」
                                      動画 講義資料 プレゼンテーション資料
      午後2時45分~3時45分 避難所資料を用いたワークショップ
                                      動画 ワークショップ資料 目録カード 目録カード作成の手引き
      午後3時45分~4時    質疑応答
                                      動画
日  時:平成26年8月20日(水)午後1時30分~4時(開場午後1時)
場  所:岩手県庁 12階特別会議室(岩手県盛岡市内丸10番1号)
参加費 :無料
定  員:50名(受付終了)
申込方法:次のいずれかの方法でお申し込みください。
      [メール]
      [FAX]

      以下の必要事項を明記の上、
      下記お問い合わせ先のメールアドレスまたはFAX番号までお送りください。
       (1)講習会名(「8月20日講習会申込み」)
       (2)お名前
       (3)お名前(ふりがな)
       (4)ご所属
       (5)連絡先(FAX番号またはメールアドレス)
申込み締切:平成26年8月15日(金)(受付終了)

 

問い合わせ先:
      国立国会図書館 電子情報部 電子情報流通課 東日本大震災アーカイブ担当
      電話:03-3581-2331(代表)
      メールアドレス:hinagiku(at)ndl.go.jp   *(at)は半角記号の@に置き換えてください。

 

過去のお知らせ