被災図書館記録WG中間まとめを掲載しました

被災図書館記録WG中間まとめを掲載しました

2013/10/25

東日本大震災被災図書館記録ワーキング・グループにより作成された「被災・復旧経験の記録の共有のために~国立国会図書館と大学図書館との連絡会・東日本大震災被災図書館記録ワーキング・グループ中間まとめ」を掲載しました。
 
中間まとめ

被災・復旧経験の記録の共有のために~国立国会図書館と大学図書館との連絡会・東日本大震災被災図書館記録ワーキング・グループ中間まとめ
 
東日本大震災被災図書館記録ワーキング・グループは、国立国会図書館と国公私立大学図書館協力委員会が設置する「国立国会図書館と大学図書館との連絡会」の下にあるワーキング・グループです。東日本大震災における大学図書館の被災・復旧経験を広く共有し、後世に伝えるため、関係する記録の保存を進めるとともに、その利活用について検討しています。
 
なお、この中間まとめについての報告会が平成25年11月1日(金)に国立国会図書館東京本館において開催されます。詳細は、東日本大震災被災図書館記録ワーキング・グループ中間まとめ報告会の開催についてをご覧ください。
 
また、この中間まとめに関する皆様のご意見を募集しております。頂いたご意見は、整理及び分類を行い、東日本大震災被災図書館記録ワーキング・グループの最終報告書において公表するとともに、適宜最終報告書の内容に反映する予定です。
※頂いたご意見について、東日本大震災被災図書館記録ワーキング・グループからの個別回答は原則行いませんので予めご了承ください。
 

応募方法:申込み・問い合わせ先へ、電子メールにてお申込みください。
件名、本文は、以下の要領で記入してください。
件名:中間まとめ意見
本文:以下の項目を明記。
(1)氏名 (2)勤務先の機関 (3)ご意見
応募期間:平成25年12月27日(金)17:00まで

 

国立国会図書館東日本大震災アーカイブについて

最新のお知らせ



Copyright © 2013- National Diet Library. All Rights Reserved.