岩手未来機構 ~ひなぎく新規追加コンテンツからの紹介(49)

2018/9/20

国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)の新規追加コンテンツを紹介します。

岩手未来機構
スペイン出身の芸術家であるホセ・マリア・シシリア(José María SICILIA)氏は、2011年から2018年にかけ釜石、 大船渡、陸前高田、南相馬、福島などの被災地を巡り、子どもたちを主な対象とした東日本大震災での出来事や 幼い頃の記憶をたどるWorkShopを開催しました。岩手未来機構は、前身である任意団体「アイアム」の時から、 その全ての活動を共にし、ホセ・マリア・シシリア氏の活動の記録と作品の保管をしてきました。
ひなぎくでは、岩手未来機構から提供を受けた、ホセ・マリア・シシリア氏と岩手未来機構の上記の活動記録のほか、 一部のWorkShopについて、WorkShop時に制作された作品やWorkShopの模様を撮影した写真を収録しています。

ひなぎくでの岩手未来 機構のデータ一覧

上記に関連して、国立国会図書館国際子ども図書館において、シシリア氏の作品を展示する展覧会(平成30年9月20日(木)から 平成31年2月24日(日)まで)や、講演会(平成30年9月28日(金)13:00~14:30)が開催されます。
また、展覧会や講演会では、ひなぎくの紹介も行います。

詳しくは国立国会図書館国際子ども図書館の をご覧ください。

国立国会図書館東日本大震災アーカイブについて

最新のお知らせ



Copyright © 2013- National Diet Library. All Rights Reserved.