トップページ > ― 記録の収集

― 記録の収集

 

1 収集対象について

 

 国立国会図書館は、関係機関と連携・協力しながら、国全体として東日本大震災に関する記録等を分散収集・分散保存しています(参考資料:「東日本大震災アーカイブ収集等実施計画」)。
 特に優先的に収集する対象は以下のとおりです。形態としては、デジタルコンテンツを主としますが、出版物として頒布されていない紙媒体等の資料も収集します。

 

  • 公的機関が所蔵または作成した記録と基礎的データ(観測データ・測量データ、アンケート個票等)
  • NPO、ボランティア団体等の活動および被災地の状況に関する記録(特に他の機関等が収集しない動画・画像)
  • 学術機関・団体による調査・研究および基礎的データ
  • 企業における活動の記録
  • 震災による原子力発電所の被害および事故に関する記録
  • 被害に関して学術的・歴史的に価値のある情報を含む動画・画像等

 

 

2 収集の手段について

 

 国内出版物については、納本制度によって収集しています。国内で出版された図書、雑誌・新聞のほか、地図、楽譜、レコード、マイクロ資料や点字資料、更にはビデオ、CD、DVDなどの電子出版物を収集しています。出版物の発行者の方は、「納本のお願い」をご覧の上、当館への資料の納入にご協力ください。

 出版されていないデジタルコンテンツ(ウェブサイト、データベース、各種媒体に保存されたデータなど)は、お問い合わせ先にご連絡ください。

 出版されていない紙媒体などの資料(チラシ、文集、手記など)は、図書館などで地域に関する資料として収集・保管している機関が以下のとおりありますので、そちらへの提供をご検討ください。

 

 

3 収集の連携・協力機関

 

国立国会図書館東日本大震災アーカイブについて

最新のお知らせ



Copyright © 2013- National Diet Library. All Rights Reserved.