神戸大学附属図書館デジタルアーカイブ震災文庫の資料紹介

2018/1/17

阪神・淡路大震災は、平成7年(1995)1月17日に発生し、23年が経過しようとしています。 1月17日から1月31日まで、ひなぎくとメタデータ連携をしている神戸大学附属図書館デジタルアーカイブ震災文庫(以下、「震災文庫」という。)に収録されている写真5点をひなぎくトップページに掲載します。写真をクリックしていただきますと、「震災文庫」のページへ移動し、写真を見ていただくことができます。
震災文庫は、阪神・淡路大震災の記録等を収録するアーカイブです。詳細は、(参考)をご覧ください。

ひなぎくトップページに掲載している写真内訳
  タイトル 震災文庫レコード番号
1第三突堤。「よみがえれ神戸港!」の大看板00150437
2 市営地下鉄板宿駅、改札口近くで。余震があるかも知れない、早めに帰宅を・・・とのハリ紙00146073
3 生田神社拝殿軒下の桜、つぼみふくらむ。幹が折れた状態で花が咲きそう00148712
4 ダイエーリビング館跡地の屋台村オープン(亜細亜屋台村というダイエーの店)00148927
5 朝日ビルの窓より、三宮の方に虹00153840


(参考:神戸大学附属図書館デジタルアーカイブ震災文庫

震災文庫では、所蔵する約57,000点の資料のうち、約5,150点を電子化して公開しています(2017年11月26日現在)。 震災文庫の資料は、様々な方法で検索することができます。
  • デジタルギャラリー
  • 写真や動画、音声などを視聴できます。
    また、「定点写真」のページでは、被災後の、同じ場所の復興の様子を見ることができます。
  • 詳細検索画面
    様々なキーワードや条件から資料を検索することができます。
  • 震災文庫収集資料一覧
    分野や資料の種別ごとに資料の一覧を見ることができます。 新着資料のみを確認することもできます。

国立国会図書館東日本大震災アーカイブについて

最新のお知らせ



Copyright © 2013- National Diet Library. All Rights Reserved.