『アート・アーカイブ・キット』(P+ARCHIVE)の公開

『アート・アーカイブ・キット』(P+ARCHIVE)の公開

2014/04/07

2013年12月13日(金)に国立国会図書館で開催された「東日本大震災に関する書類・写真・動画の整理・保存講習会~被災支援活動の経験・ノウハウを活かすために~」で講演を行った特定非営利活動法人アート&ソサイエティ研究センター(P+ARCHIVE)が、『アート・アーカイブ・キット』を公開しました。
 
アート・アーカイブ・キット
 
キットは、アーカイブの実践に使うためのもので、記録のプロセスや整理のためのスキルを、シンプルにまとめています。
 
紙資料とデジタル資料のそれぞれについての整理手順等が、A3サイズ1枚に視覚的にまとめられ、記録を初めて整理する人にとっても取り組みやすい内容になっています。また、アート・プロジェクトだけではなく、被災者支援で活動する団体の記録の整理・保存にも役立てられる内容となっています。
 
ウェブページには、他に、アート・プロジェクトをアーカイブするためのノウハウを全体的にまとめた『アーカイブ・ガイドブックβ版+』と、キットの「ワークフロー1〈準備編〉」を進めるために必要な「スターター・パック」も掲載されています。
 

国立国会図書館東日本大震災アーカイブについて

最新のお知らせ



Copyright © 2013- National Diet Library. All Rights Reserved.